医院ブログ

緊急事態宣言解除を受け、当院の今後の体制について

昨日緊急事態宣言解除となりましたが、当院として今後もある程度の感染防護対策を継続していく予定です

・初診時の新型コロナウイルス感染スクリーニング問診は継続します

・受付、診療室内の飛沫対策カーテンの設置は継続します

・来院時のアルコール消毒、手洗い、うがい、発熱時申告については継続します

・院内換気は継続します。蒸し暑さや虫問題によって今後窓の開放時間は減じていきます

・ソーシャルディスタンスの確保の為待合室の椅子を減らす、受診前後で待合室を分けている対策は継続します

・キッズスペースは中待合室として使用する為、今後もしばらくは設置しません。申し訳ございません

・その他器具の滅菌、診療室内の清拭などは新型コロナウイルス対策以前より行っていた事なのでもちろん継続致します

 

以上を踏まえ、基本的には通常診療を再開しておりますので、改めて当院への受診の際にはご協力よろしくお願いいたしますと共に、今まで受診を控えておられた方は安心して受診して頂ければと思います

今後もスタッフ一同感染予防と患者様のお悩み解決の為に尽力していきたいと思います

 

埼大通りむらた歯科

連休明けまでの特別急患対応日について

【特別急患対応日】午前9時~12時:6日(祝)

※9時以降対応可能です。急遽休診となる場合もございます。事前のご連絡をお願い致します。なお、他の患者様ご対応中は同じく留守電、施錠中ですのでご理解下さいませ

※ホームページ上のweb予約は前日までにお願いします

※当日は11時までに来院、もしくはお電話がない場合は休診とします

※今後変更もございますので、ホームぺージお知らせ欄をご確認下さい

 

明日からの診療に関してのお知らせ

新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より、本来は不要不急の外出を控えるべきだと考えております。事前に伝達ができなかった以上明日4月11日(土)来られる患者様へ、可能な限り感染防護対策を行いながら診療を行います。

9時~14時の間で対応可能です。患者様が待合室でお待ちする事のないよう予約を組んでありますが、お車でお越しの方は直前までお車での待機をお願い致します。

入室後は【アルコール消毒】【手洗い】【うがい】をし、待合室では【マスク】をしてお待ち下さい

【更なる感染防護対策】

☆明日より歯科医師、歯科衛生士は手術用のオペガウンを着ます。手術用のキャップも被ります

☆歯科助手は診療補助時にオペガウンを着ます。受付時はそれを脱いでご対応します

☆マスクの上にフェイスガード付きのマスクを装着します

☆グローブは二重にし、診療中と片付け時のグローブ交換を徹底します

・他感染予防対策は開院時より行っている普段通りの事を行います。B型肝炎ウィルス、C型肝炎ウィルス、エイズウィルス等からの感染予防対策は厚労省の定める施設基準に準じており、かつ滅菌体制も通常業務で遵守しております

・防護材料も限りがあります。可能な限り数を確保していますが、在庫が尽きれば診療継続は困難になります。あくまで明日と来週前半までの暫間的措置とお考え下さい

・診療を停止するかどうかは結論を急ぎたいところですが、少なくとも急患対応は継続する所存です。

 

【受診しても良いでしょうか?の問いに対してのお答え】

現在ご予約を取られている患者様:『医院からのお知らせ』にある【新型コロナウィルス感染者スクリーニングの為の問診】をお読みになり、該当項目がなければそのままご来院頂いて構いません。前回の予約内容ではないお悩みがあれば来院前にお電話下さい。お電話での問診で、現在治療中の部分と同じお悩みの場合で経過をみて問題ない場合はキャンセルさせて頂きます

新患受診希望の患者様:同様に『医院からのお知らせ』にある【新型コロナウィルス感染者スクリーニングの為の問診】をお読みになり、該当項目がなければ、必ずお電話でご予約をお取りください

現在待合室内の人数制限をしていますので院内にお通しできない場合がございます。該当項目がある場合は他の患者様への安全確保を理由にご来院はお控え下さい。ご相談はお電話にてお受け致します。場合によっては診療時間後の他の患者様がいないお時間帯で対応させて頂きます

何卒ご理解の上、ご来院されるかどうか熟考の上ご来院ないしご相談下さい

よろしくお願い申し上げます

 

埼大通りむらた歯科 院長 村田

新型コロナウィルス感染拡大予防対策

徐々に見えざる敵の足音が聞こえてくるような、今日この頃です。

今月初め頃、何の気なしに観た【8時だよ!全員集合】には若かりし頃の志村けんさんが舞台を縦横無尽に駆け回る姿が写っていました。まだ、国内の感染の拡大がそこまでではなかった頃です。今となってはなぜ夜中に急にドリフを観始めたのか覚えません。虫の知らせだったのでしょうか…コロナとは無関係ですが野村克也監督に続き、自分の心の中に残る著名人がまたお亡くなりになりました。非常に残念です…

 

さて当院では目に見えない敵に対し、少しでも感染拡大防止の一助なればと思い次のような取り組みを行っております。

①現在咳や発熱の続く方、直近の海外渡航歴のある方体調のすぐれない方はお電話にてご連絡の上、受診のご相談をお願いしております。ご来院中の他の患者様へのご配慮をお願いしております。

②入口の自動ドアは電源を切り、半空きの状態で常時院内の換気をしております【少々寒いので少し暖かい服装でご来院下さい】

③来患後すぐにアルコールを手指に噴霧、その後診察券等をお渡し下さい

診察前にパウダーコーナーにてうがい石鹸での手洗いをお願いしています

診療台では当院の用意した含漱剤にてうがいを行ってから診療を始めます

⑥当院の各ユニットには口腔外バキュームが設置されており、治療中の空気を吸い込む事でエアロゾルの拡散を少しでも減らす取り組みをしております。各部屋は半個室の為壁で仕切られており、エアロゾルの拡散を減らしております

⑦使用する器具はクラスB滅菌器【ウィルスを完全除去】にて滅菌された物を使用しています

患者様毎になるべく診療台を変更し、その間に清拭し次の診療に備えています

⑨医院内従業員同士の会食は当面自粛し、各個人プライベートでも感染予防を心がけております。始業前の手洗い・うがいは勿論、患者様毎のグローブの変更前に手洗い・アルコールによる手指の消毒、終業後の手洗い・うがい・アルコール消毒を徹底しております!

 

以上、少しでも患者様にご安心してご来院して頂けるよう当院では継続して行っていきたいと思っております。ともすれば歯科治療は不要不急なのかもしれません。ですので私たちとしては来て頂いた患者さまへはいつも通り精一杯診療させて頂くのみです。どうぞよろしくお願い致します!

 

埼大通りむらた歯科・スタッフ一同

ウィルス感染対策に歯ブラシを!

以下の情報はインフルエンザウィルス感染予防についてのお話である事を大前提にお読みください!

新型コロナウィルスの流行で外出を控えている方、不安な方も多いと思います。歯科医院への通院を控えている方へはこのHPで情報発信する事で少しでのお力になれればと考えております。

例年12月~3月頃に流行するインフルエンザについて、効果的な予防法があります。それは歯みがきをすることです。口の中にある細菌、特に歯周病菌」はインフルエンザウイルスの感染力を高めることが分かっています。

またご高齢の方で多い誤嚥性肺炎の原因菌は口腔内の歯周病菌です。(誤嚥性肺炎とは就寝中などに口腔内の歯周病菌が気管に入り、咳で吐き出す反射の落ちたご高齢の方はそのまま肺に菌が残って起きる肺炎の事)

あくまでインフルエンザウィルスや誤嚥性肺炎においての話ですが歯科での予防策としてブラッシングは有効であると思います。

それがそのまま新型コロナウィルス感染予防に繋がるかははっきりと言及できない状況ですが、少なくとも他の疾患予防と言う意味で

歯ブラシをいつも以上に回数や丁寧に行う事は、損をする事ではないと思います。

また歯周病の進行した方は歯の周囲の歯肉に傷口が沢山出来ているのと同じ状況なので、様々な感染症に罹患しやすいと考えます。中等度以上の歯周病罹患されている方の口腔内の炎症面積は【片方の手のひら】ぐらいあると言われています。

 

ご自身のお口の健康状態を把握されたい方

歯周病検査を受けられたい方

ご自身にあった歯ブラシを購入されたい方

唾液検査による口腔清掃度のチェックを受けられたい方

当院でお口の健康度を把握されるのも、今ご自宅にいて持て余している時間の有効的な活用方法かと思います

手洗い・うがい・歯ブラシを!

 

信憑性の低い情報を発信しても意味がないので、詳細は以下の日本歯科医師会HPよりご覧下さい。

『手洗い、うがい、さらに「歯みがき」を!!
インフルエンザ予防と歯周病菌の関係をわかりやすく紹介する動画を公開』

日本歯科医師会 歯8020テレビ  http://www.jda.or.jp/jda/release/detail_102.html

新型コロナウィルス

現在新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、発熱や体調不良を感じる患者様はご自身の体調回復を優先されてください。ご予約変更の際はお早めにお知らせください。

なお、体調回復や自宅待機などの行政指示が解除された際に、治療中断のままにならないよう再度ご予約をお願い致します。

当院スタッフも感染予防には十分に注意し、出勤後の手洗い、消毒、院内でのマスクの着用、小まめな室内換気等留意しております。

平素より器具の滅菌消毒には力を入れており、ヨーロッパ最高基準のクラスB滅菌器・切削器具専用の滅菌器を使用した院内感染予防を徹底しておりますのでご安心ください。

 

埼大通りむらた歯科

院長 村田

 

新年明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願い致します

本日より診療を開始致しました。まだまだ院内も冷え切っていて

部屋が温まる前に治療を受けられた患者さんには申し訳なかったです!

 

皆さんはお正月明けいかがお過ごしでしょうか?

なかなか本調子には戻るのには時間がかかりますよね

自分(院長 村田)が久々の診療で一番何が困るかというと、断然『言葉が出てこない事』です…

元々あまり滑舌は良くないと評判(?)ですが、長い休み明けはなかなか仕事モードの口調に慣れず

口が重たいといいますか…すらすらと話せないのは私だけでしょうか?

それなら黙っていればよいものを、元来の説明したがりなので悪循環です!!!

でも治療前説明がないと何がされるのかわからず患者さんは不安だと思います。

自分はよく話す方の歯科医師だと思っていますので、お聞き苦しい所は多々あるかと思います

『より伝わりやすく』を目標に今年も丁寧に治療説明&正確な治療をさせてもらいます!

 

院内の色んなモニターで【2020.1.4】というデジタル時計の表記を目にする度に

いよいよオリピックイヤーなんだな、と実感した初日でした

明日は休診日です。年末年始で歯でお困りのままの方、現在治療中の方、来週はフル稼働致します

滑舌良くお迎え致しますので、よろしくお願い致します

 

埼大通りむらた歯科

院長 村田 佳彦

2月の開院からを振り返って

2019年2月1日に【埼大通りむらた歯科】をこの地に開院し、早くも10か月が経ちました。

開院時より足しげく通って頂いた患者様、当院に知人の方をご紹介頂いた患者様

誠にありがとうございました。開院間もない当院を支えて頂き感謝しております。

 

まだ当院にお気付きでない方、気付いていらっしゃっても受診するまでには至っていない方々へ

当院は以下のように幅広い診療範囲と設備を設けております。

・痛みやお困りごとのある方への『迅速な主訴解決』

・新たにむし歯や歯周病に罹患された方への『低侵襲治療』

・以前の治療のやり直しが続く方への『計画性を持った精密治療』

・むし歯・歯周病に罹っていない方へ、ご自身やご家族を疾患から守るための『予防歯科』

・隣の内科との協力で行う有病者歯科治療【高血圧・糖尿病・その他全身疾患をお持ちの方への治療前血液検査の依頼など】

・20倍以上の視野で治療可能な『歯科用顕微鏡の完備』

・合わない入れ歯からの解放をお望みの方への『精密義歯治療』

・入れ歯ではない治療をお望みの方へのCT、診断ソフトを活用した『インプラント治療』

・難抜歯を含む口腔外科へご紹介前の術前診査としての『CT撮影設備』

・成人の本格矯正ご紹介の為の『矯正相談窓口』

・歩行器、車いすでの入室が可能な『バリアフリー設備』

・小さなお子さんが遊べる『キッズスペースの完備』

・今後は通院が難しい方への『訪問歯科診療』なども整備を進めて行きたいと考えております。

※御用命あるご家族の方はご相談下さい。時間、訪問範囲には限りがございます。

 

人員不足やまだまだ設備不足もあり、十分な医療をご提供できていない事もございます。

来年以降少しでも地域の方々へ満足してご利用頂けるよう、スタッフ一同精進してまいります。

新年は1月4日10時より診療を開始致します。よろしくお願い致します。

 

埼大通りむらた歯科  院長 村田 佳彦