医院ブログ

お口の中にも金が良いって話

東京2020オリンピックでは日本代表が連日金メダル獲得のニュースを届けてくれて、コロナ禍でどんよりしたニュースの多い日本中に一時ですが幸せな気持ちを運んできてくれました

さて、金メダル、銀メダル、銅メダルとメダルには種類がありますが、実はお口なの中で使う金属にも、大きく分けて金、銀の二種類金属修復物が良く使われます

実際には【金・銀・その他の金属】の合金が使われています

一般的によく目にするのがいわゆる【銀歯】ではないでしょうか。保険適応の材料で戦後皆保険制度が開始した頃から使用している金属です。内容物に【金・銀・パラジウム】を含みます

材質としては硬く強度があるのですが反面、修復物と歯の間に隙間が空きやすく、残念ながら次のむし歯になりやすい材質です

またアレルギーの原因となりやすく、ヨーロッパでは妊産婦に使用する事は以前より禁止されている国もあります。現在主要国では使用されておらず、日本は保険制度の問題もあり取り残されてる状況です

保険適応外の治療で良く用いられるのがいわゆる【金歯】です。内容物に【金・白金】を多く含みます。元々金箔などの加工品のように、金には展延性(薄く伸びる性質)があり、より適合の良い修復物の作成が可能になり、断然次のむし歯になりにくいです。またアレルギー性も低いので、奥歯で見た目をあまり気にしない部分で主に使用されます

 

メダルに関しては世界で3番以内という名誉であるので、正直金・銀・銅共に素晴らしい事だと思います。何より世界の舞台に立っている事自体がスポーツマンとして名誉ある事かと思います

 

ただし、口腔の中においては、次のむし歯にさせにくい、アレルギーを起こしにくい、という点では【金】の方が修復物の価値としては上の様です。

勿論、銀でも長く持たせる事ができます。そこにはセルフケアと、定期メインテナンス、そしてその材質を理解した上で付き合っていく事が、何より大事なのではないでしょうか

 

金属とセラミックの違いについては今後お話していきます

 

埼大通りむらた歯科   院長 村田

 

あなたの歯!上下で当たってませんか?

毎年やってくるこの梅雨の季節、皆さんはどのようにして快適に過ごされていますか?

長年歯科に携わっているとこの梅雨時に多い症状に、顎の不調和、歯の違和感、親知らずの腫れ・痛みでお困りの方が多いように思われます

ここ最近はコロナの影響もありステイホーム、テレワークの方も多いので一概に言えませんが、外出が減り自宅での不規則な生活リズムが引き起こす症状のような気がします

規則正しい生活、食生活、それに付随した口腔清掃でしっかりとした健康維持を目指しましょう

歯ぎしり、食いしばりに加え、最近言われているTCH(Tooth contact habitt)という病気があります。これは『強い食いしばり』ではないものの、絶えず上下の歯同士を接触(Contact)させてしまうことで、顎関節や周囲の筋肉に緊張を及ぼしたり、歯への血流量が増え一時的に歯が興奮した状態になり、しみたり歯が浮いた感じがしたりしてしまう癖(habitt)の事を言います

簡単な診断方法として、時報のタイミング、メール受診のタイミング等、不定期に訪れるタイミングの時に毎回上下の歯が触れていたら、おそらくその他の時間帯も触れていると思われ、TCHの可能性があります

日中ヒトの歯は数十分しか上下で接していないと言われています。水を飲みこむ時、力を入れる時、お食事をしている時でさえ何か物を介在させて上下の歯は接しています

あなたの歯はどうですか?

気になる方はご遠慮なくご相談にいらして下さい

 

ご予約お待ちしています 048-815-6480

埼大通りむらた歯科

院長 村田

 

 

 

新型コロナウイルスワクチン接種2回目終了

梅雨に入りそうで入らないまま5月も終わろうとしています

昨日、院長の私は新型コロナウイルスワクチンの医療従事者優先接種2回目を無事終了しました。スタッフも接種可能な者は順次接種予定です

1回目同様接種時の痛みはほぼなく終了です。痺れなども感じませんでした。

副反応については色々と情報を目にしておりやや不安でしたが、日常で日々感じている筋肉痛や疲労感、倦怠感とさほど変わらない起床でした。

普段から規則正しく、疲労を残さず健康に生活されている方はむしろ接種による副反応を色濃く感じてしまうかもしれませんね

かといって、先ずは日々の健康を守るのが優先です。規則正しく、感染予防と休養、栄養をしっかりと取りましょう

新規患者様の中で口腔内への健康を気遣う方が最近増えているように思います。コロナ禍で引きこもりがちであった方も、ワクチン接種の始まるつつある現状を前向きに捉え、自ら健康を維持増進させる気持ちを増幅させてみませんか?

歯科医院でのお手伝いは日々の少しずつのブラッシングや生活への配慮から始まります

今まで歯科医院へ足の向かなかった方、敷居が高いと思われている方、安心してご来院ください

先ずはお話をして口腔内の健康を一緒に考えませんか?

 

埼大通りむらた歯科

院長 村田

新型コロナウイルス医療従者優先予防接種

さいたま市中央区でも先月末から一般医療機関従事者への優先予防接種が開始されています

当院でもスタッフに先駆け院長の私から一回目の摂取を受けて参りました

順次接種可能なスタッフは受けていく予定です

3週間後に2回目を接種予定です。接種時の状況などお聞きになりたい方は受診の際にお尋ね下さい

副反応には個人差がありますが、少しでも今後の参考になればと思います

 

埼大通りむらた歯科

院長 村田

 

 

マイクロスコープを使用した破折ファイルの除去

根の治療中には予期せず使用した器具が折れてしまう事があります。勿論各患者様毎に滅菌・消毒された器具を使っているので問題にならない事がほとんどです。

ただし根の先端付近で器具が折れていて根の先に病変(膿の袋)がある場合は問題です

 

今回の患者様は他院にてかなり前に治療を施されていた部分の再治療をご希望でご来院されました。画面一番右上の歯には根が3本あり、そのうちの1つの先端に器具の破折を認めます

 

根の先の病変もある事から除去して根の再治療が必要とお伝えしました。このレントゲンだけでは根の中に詰めるお薬とほとんど見分けが付きません

そこで当院のマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた診査の途中で器具の破折を確認しました

※マイクロスコープは通常肉眼では確認できない物を約20倍近くに拡大した画像を見ながら治療が行える、当院が誇る先端医療機器です

千円札の隠し文字もこの通り拡大してみる事ができます

当日CT撮影を行い、3次元的に根の形態を確認すると確かに先端付近で折れた器具を確認できます

この根の先端に器具が折れています

別の角度からも曲がった根の先に器具の破折を認めます

他の根の先にも黒い病変を認めます

複数回の治療の後、無事除去が完了しました(一行で完結する程簡単ではなかったですが…)

除去前

除去前

除去後

除去後

 

 

 

 

 

 

次回以降根の先までの清掃を行い、その後最終的な根の中の詰め物をする予定です

被せ物をして歯の形の再建にはまだまだ時間はかかりそうです

 

当院では根の治療を中心に、より精密な治療の為保険診療内でもマイクロスコープを活用した臨床を行っています。お気軽にご相談下さい

 

 

埼大通りむらた歯科

院長 村田

 

 

 

むし歯治療の今昔

削らないむし歯治療と言われて

皆さんは何を思い浮かびますか?

魔法の薬が存在する?おまじないをかける?歯の代わりの何かすごい物を口の中に植える?

残念ながらむし歯は生活習慣病であり、お口の中に普段からいる菌が引き起こす現象なので、特効薬がないです。

そこがむし歯治療の厄介なところです。勿論削る治療は必要ですが、その事がむし歯にならなくする方法では決してないのです…

ではう蝕(むし歯)の治療は今も昔も削る事だけなのでしょうか?

 

人類が誕生後の原始的な食生活の頃はむし歯は稀な疾患でした。

約1万年前、狩猟採集生活から農耕生活への移行で、穀物の摂取が始まるとむし歯はわずかに増加します。

1850年代になり、産業革命により砂糖・精製小麦粉の普及と共に世界中でむし歯が大流行しました。その頃の治療は主に

抜歯 でした。抜歯をする事で感染が顎骨内に進行するのを防いだのです。当時はそれが最善の治療でした。

 

いわゆる削る治療が始まったのはたった100年程前なんです!

当時は削る事で歯を残せたと画期的!

抜歯しか選択肢のなかった時代に比べ十分保存的な治療方法だったのです。

それでも当時の治療方法を考案したアメリカの歯科医師(G.V.ブラック)は

科学技術の進歩と共に歯科医師はより歯を削らなくて済むように努力するべきであると述べていたそうです!

 

では、100年経った現代はどうでしょう?

残念ながら日本では未だに    治療=削る事   と感じている方が多いと思います。

削らない治療これが世界基準です.

どんな治療でしょうか?

患者さんに正しい知識を伝える事、患者さんの行動を変える事、原因を追究し予防的アプローチをする事、経過観察の後必要であれば最小限に治療をする事…等です。

 

むし歯を穴が開いた』『しみる』『黒くなったとだけで捉えると

あくまでむし歯になってからやむなく削って詰めるという選択肢しか残らなくなってしまいます。

 

むし歯になりやすい食生活』『むし歯になりやすい清掃習慣』『むし歯になりやすい歯並び』『むし歯になりやすい唾液量・質』などなど

このようなむし歯のなりやすい状態も『むし歯予備軍』と捉えておくと、改善させる事もむし歯治療の一部になります。多くの場合この事を『予防』と言います。よく行うフッ素塗布はあくまでその一部です。

 

例えば太りやすい体質の人がジムに初めていくとトレーナーの方に

『日常的にカロリー過多の食生活をされていませんか?』『夜遅くの食事が多くないですか?』『運動は週に何時間ですか?』等問診されると思います。その上で運動能力等から効果的なトレーニングを行っていくと思います。

太りやすい生活習慣を残したままダイエットをしても合理的でないからです。

 

むし歯も同じです。自分自身のむし歯になりやすい食習慣・生活習慣・清掃方法などの原因追及がなく、ただ『削る』『詰める』を行っても………結果はお分かりですよね。

3か月から6ヶ月に一度歯科医院を訪れるたびにむし歯が見つかる方はおそらく根本が改善できていないのでしょう。

当院ではそんなもったいない時間を使って頂きたくないので

初診時に切削治療からスタートすることはほとんどありません

時間をかけてでも原因と考えられる弱点を克服し、治療完了後にセルフケアで守る事のできる口腔内を一緒に作っていきましょう!

 

~歯を削る前にできる事を大切に~

 

 

埼大通りむらた歯科

院長 村田

新年明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します

本日1月4日(月)より2021年の診療をスタートします

年末年始休暇の間お困りだった方々へはご迷惑をおかけしております

年始の機械調整等で診療開始は10時予定ですが、受付電話は8時45分以降は繋がりますので

ご連絡お待ちしております

 

本年はより一層の『挨拶・笑顔・元気』でスタッフ一同患者様をお迎えします。

治療やメインテナンス時に少しでも患者様が不安や苦痛を感じにくいよう配慮し、勿論開院時より変わらぬ『しっかりとした説明と丁寧な治療』を継続します

平常時より変わらぬ『器具の滅菌・消毒』『詰めすぎない予約管理』『高機能マスクの着用』『フェイスガードもしくはゴーグルの着用』等、新型コロナウイルスの流行有り無しに左右されない医院づくりを更に進めたいと思います。

日頃よりご愛顧頂いております通院中の患者様方も、これから受診をお考えの新規患者様方も安心して当院へお越し頂けるよう、従業員一同努力と研鑽を重ねて参りたいと存じます

何卒よろしくお願い致します

 

令和3年1月4日

埼大通りむらた歯科 院長 村田佳彦

 

 

抗菌ワックス完了しました

この度感染症対策の一環として「抗菌ワックスがけ」を行いました

清潔な院内で少しでも安心して治療・メインテナンスを受けて頂きたいと思っています

 

また除菌洗剤を用いた院内清拭も行いました

次回来院時にきらっと光る床に注目です!tmp_v4738555481727683709

歯周病の人はインフルエンザにかかりやすい?

歯周病菌が口腔内に多く存在するとインフルエンザに罹患しやすくなるという事実は存知でしょうか?

歯周病菌の出す成分によりインフルエンザウイルスが体内へ取り込まれやすくなると言われています

新型コロナウイルスへも口腔ケアは有効であるとの見解も最近出されております

自身の健康予防の為にも、今一度口腔ケアにお時間を割いてみたはいかがでしょう

 

【歯周病の主な症状】

・歯ブラシで出血する

・歯の表面がざらつく

・お口の中がねばつく

口臭が気になる

歯が揺れている

・歯が浮いた感じがする

・以前より歯並びが悪くなった  など

 

該当する点ある方は一度歯周病の検査をお勧めします。強い症状なく進行するのが歯周病の特徴です。歯科受診歴がない方程進行している傾向にあります。

お気軽にご相談ください

 

埼大通りむらた歯科

院長 村田

受付にアクリル板が設置されました!

3月に始めたコロナ感染対策の一環で設置した受付のビニールカーテンが…

この度衛生上の理由と見た目の改善の為撤去されました!代わりに…

アクリルパーテーションが置かれました!視界良好!

写真だとあるかどうかも分かりにくいくらいクリアです

圧迫感もなくより患者様ともしっかりと目線を合わせながらご対応可能になりました!

若干指紋が目立つのが難点です…

 

埼大通りむらた歯科