歯を削る機械

歯を削る機械

お子さまが歯医者を嫌がる理由

お子さまが歯医者を嫌がる理由として、治療のときの

  • キーンという特有の音
  • 熱くなったハンドピース
  • 歯を削るときの強い振動

などが印象に残り、結果として歯医者が嫌いになるのではないでしょうか。

保護者の方へ

道具の説明をして怖さを取り除きます

「歯科医院は痛そうだし、怖いところ」と知らず知らずのうちに感じているお子様は多いと思います。
お子様の歯科治療においてこの感情は大きな障害となります。

当院では、お子様の不安・恐怖を少しでも取り除くために、すべての器具をお子様に説明し、実際に触ったりしていただいております。
使用する器具に触れることで、自然と歯科医院の雰囲気に慣れ、「痛くないし、怖くない」と感じていただき、治療を受けられるように努力しております。

歯を削る道具の比較

名称
(略称・通称)
エアータービン
(タービン)
コントラアングル
(5倍速コントラ)
スプーン
エキスカベーター
(エキスカ)
動力 圧搾空気
(すぐに止まらない)
電気モーター 手動
削る力 強い 非常に強い 弱い
回転数 非常に早い タービンより遅い 回転しない
動作音 大きい
(不快なキーン音)
静か ない
切削時間 短い 短い 時間がかかる
写真

スプーンエキスカベーターの構造

  • 大型の耳かきのような外観
  • 先端部分に刃がついており、刃の部分で感染歯質を削る(エナメル質は削れない)
  • 使っていると刃が鈍るので、定期的に研磨が必要
スプーンエキスカベーターの特徴
  • 手で感染歯質を削る道具です。
  • モーターや圧縮空気で動作するものではないため、音も熱もありません。
  • 歯が比較的柔らかい小児の歯科治療に適しています。
スプーンエキスカベーターのメリット
  • 音や振動が小さく、麻酔の必要性も低くなるため、小児に恐怖心を与えにくい。
  • 小児が治療を嫌がる可能性が低いため、親御さんへのイメージが良くなる。
  • タービンなどに比べ削る力が弱く、手に伝わる感触が術者にフィードバックされる、細かい操作ができるため、健全歯質を削るリスクが低く、MI(最初侵襲治療)が実現できる。

スプーンエキスカベーターはMI(最小侵襲)

スプーンエキスカベーターと、う蝕検知液

スプーンエキスカベーターで感染歯質を除去するときは、う蝕検知液を用いてう蝕部分を確認し、感染歯質を取り残さないことが重要。

グラスアイオノマーセメントによる修復

  • だ液の影響を受けにくく、防湿が困難な小児に適する
  • 小児の歯髄に影響が少ない
  • フッ素徐放量が高い