歯周病

むし歯は歯が蝕まれる病気ですが、歯周病は歯を支えている歯肉、歯槽骨、歯根膜などの歯周組織が傷害される病気です。歯と歯肉の境目に磨き残した歯垢(プラーク)が主な原因となり、歯周組織に炎症が起こる細菌感染症です。進行すると、やがて歯が抜けてしまうこともあります。日本人が歯を失う原因としては、歯周病とむし歯が二大原因となっていますが、40代後半からはむし歯より歯周病の方が割合は高くなっていきます。全体としては歯周病が最も割合が高く、約4割を占めています。また30代以降の約8割の方に何かしらの歯周疾患が存在するとも言われています。細菌に対する生体の抵抗性、喫煙歴、ストレス、糖尿病への罹患の有無、歯科受診頻度、補綴治療歴、歯列不正等様々な歯周病のリスクファクターが存在し発症、進行には個人差があります。また初期の段階で自覚症状が出にくく進行を許してからの発見が多い疾患である事も特徴です。

歯周病の原因

歯の表面に残った細菌は、【バイオフィルム】という膜を形成する事で歯面から剥がれるのに抵抗し、その上に更に細菌が堆積し【プラーク(歯垢)】を形成します。

堆積したプラーク内のより深い部分にいる細菌は酸素濃度の低い環境で成熟し、ある種の毒素を出し歯肉を攻撃し、歯肉は防衛反応としての様々な物質を放出し細菌に抵抗します。その防衛反応が過剰に起こると自身の歯周組織を破壊していきます。

歯肉は腫脹しその下の歯槽骨は吸収する事で細菌の体への侵入を防いだ結果、歯を支える歯槽骨は減り歯が揺れるなどの症状が出てくるのです。

歯周病の進行過程

正常な場合

歯周ポケットは1~2㎜

歯肉炎

歯周ポケットは2~3㎜

軽度歯周病

歯周ポケットは3~4㎜

中度歯周病

歯周ポケットは5~6㎜

重度歯周病

歯周ポケットは6㎜以上

歯周病末期

自然に抜けてしまいます

こんな症状ありませんか?

  1. 歯ぐきから出血する
    歯周病の代表的な症状で、歯ぐきに炎症が起きているというサイン。歯ぐきの毛細血管が歯周病菌に侵されると、ブラッシングや硬い物を噛むなどの強い力が加わったときに炎症部分から出血します。
  2. 口臭がある
    口臭の原因すべてが歯周病だと特定はできませんが、歯周病菌が繁殖することで強烈なにおいを発します。きちんとブラッシングしているのに、お口のにおいが気になるという方は歯科医院で原因を確認しましょう。
  3. 口の中がネバネバする
    朝など起床直後は、口の中がネバネバして気持ち悪く感じられることがあります。これは、唾液中の歯周病菌が多くなっている証拠です。
  4. 歯ぐきの腫れ・変色
    歯ぐきの腫れは歯周病の特徴的な症状です。健康なときはきれいなピンク色の歯ぐきは症状が進むにつれて赤色になり、やがて色素が濃くなって赤紫色に変色します。
  5. 歯ぐきから膿(うみ)が出る
    歯ぐきの出血から症状がさらに進むと、膿がたまって痛むようになります。歯周病を完治させない限り、膿はたまり続けます。
  6. 痛み、ムズがゆさがある
    歯を支えている顎の骨が侵されると、硬い物を噛んだときに衝撃で歯を支えられなくなるため痛みを感じます。また、歯ぐきがムズがゆく感じることがあります。
  7. 歯がぐらつく
    悪化すると骨や歯根膜が溶け、歯がぐらぐらします。指で触れたときにぐらぐらする場合、かなり進行している可能性が高いです。
  8. 歯ぐきが下がってきた
    歯周組織が歯周病菌に侵されると、歯ぐきが後退して下がります。鏡で歯と歯ぐきをチェックしたとき、「歯が長くなった」と感じたら要注意です。
  9. 食べ物が歯の隙間に挟まりやすくなった
    歯周組織へのダメージが進むと歯と歯の隙間が大きくなり、食べ物が挟まりやすくなります。

こんな症状のあるかたは要注意です。

歯周病は最初、痛みを伴わずに進行していきます

ほとんどの人は、歯肉から血が出る。腫れた。
といった自覚症状を感じてからはじめて来院されますが、このような症状があるときは、かなり進行した状態です。
歯周病は歯磨きでは防げません。
毎日の歯磨きをしていれば歯垢の除去はある程度可能ですが、歯石の除去は歯ブラシではできません。
歯石は一度できると歯の周りに軽石のような性状で強固に歯に付着します。

歯周病の治療と予防

プラークコントロール 歯垢を除去する

プラークとは、歯にへばりついた歯垢のことです。歯垢は、細菌のかたまりで、この細菌が歯肉や顎の骨などの歯周組織に炎症を起こします。
プラークコントロールは、プラークを定期的に除去することをいいます。
正しい歯みがきをすることで、プラークは除去できます。歯周病の最大の予防法・治療法は、歯みがきです。当院では、歯周治療の一環として、歯みがき指導を行なってまいります。
正しい歯みがきの方法、歯ブラシの選択、歯みがき剤の正しい使い方などをご説明いたします。

当院での歯周治療

①問診、検査

当院では歯周病の治療に先だって歯周病のリスク判定を行い、先ずはそのリスクを下げる事を優先して行います。その為の生活習慣、清掃方法、喫煙歴、内科的疾患の有無などを問診します。また現状の歯周組織の状態を記録します。【歯肉溝の深さの計測(歯周ポケットの発見)、出血の有無、根の股の部分の病気の有無、歯肉退縮、歯牙の動揺等】。

必要に応じてレントゲン写真を10数枚撮影します。

②ブラッシング指導

患者さん自身での歯ブラシによる歯面清掃が行えない状況で、いくら衛生士による歯石除去等の歯周治療を行っても治療結果は伴ってきません。通院が終われば歯周組織を守っていくのは患者さん自身になる訳です。ですから先ずは行いやすい『歯周病の原因』を締めるべく、ブラッシング指導を徹底して行います。

③スケーリング、ルートプレーニング

歯石除去を行います。

歯肉の上に存在する歯石は唾液成分で形成され比較的除去しやすいですが、歯肉の下に存在する歯石は血液成分で形成され、歯根の表面(セメント質)にこびり付いています。その病的なセメント質(壊死セメント質)も表層削り取ります。

④再評価

治療前に比べての歯周組織の比較を行います。【動揺の消失、出血の有無、歯周ポケットの改善等】。

歯周治療以外の治療に移行できると判断されれば、しばらくは他の治療の進行に合わせて経過観察を行います。

もし歯周基本治療のみでの改善が認められない場合は、外科的に歯周治療を行うかを検討します。

⑤歯周外科

多くの治療は取り切れない深い部分にある歯石を歯肉を切開した目視下で除去する為の小手術になります。

軟組織の改善が必要なケースには歯周形成外科を行う場合もあります。

※歯周外科に関しては必要な場合に精密検査を行いご説明します。

⑥治療後再評価

全ての治療が終了後メインテナンスへ移行する際に、治療前の状態と比較します。全員に対し何か月のメインテナンスが適切だとは決めにくく、患者さん個人のリスクに合わせて1,2,3,6か月の間隔でメインテナンスに来てもらいます。個人のリスクによるメインテナンスの期間を定める事で、漫然と来院してもらう事とは違った意味での定期検診になると思います。

SRP(スケーリング・ルートプレニング)

見えない部分は歯科医院で

歯周病の予防に毎日の歯みがきによるプラークコントロールは欠かせません。
見える部分(歯肉より上の部分)に関しては、日ごろから歯みがきをしていただく必要があります。
一方、見えない部分(歯肉より下の部分)は、われわれ歯科医院の仕事です。歯石は、歯垢がミネラル分を含み硬くなったものです。特に、歯肉の下についている場合も多く、歯ブラシでは取れません。
歯科医院では、歯についた歯石をスケーラーという専用の器具を用いて除去します。これをスケーリングと言います。
また、歯垢はザラザラした面につきやすいので、歯の根の部分を滑らかな形状にしていきます。これをルートプレーニングと言います。歯周病の治療には、患者様とわれわれが二人三脚で努力することが必要なのです。

歯周病が進んでしまった方のために

歯周外科とは

歯周病が進み、骨吸収が進んでしまった場合、一般的な器具では歯石がとれません。その場合、麻酔をしたうえで、炎症を起こしている歯肉をメスで切り取り、歯の根っこについた歯石をとります。

根気良い治療が必要

歯周病が骨にまで及んでしまう主な原因は、歯垢、歯石です。原因を除去し、適切な処置を行なうことで、かなり進んだ病状も回復する場合があります。指示を守っていただき、根気よく治療を続けることが必要です。

評価

歯周病治療は確認が必要

歯周病治療の流れの中で、大きなポイントとなるのが評価です。評価とは、治療の効果を判定することです。基本的には、最初の診査と同様のことを行い、問題点が改善されたかを診ていきます。

歯周病は全身に影響を及ぼします

歯周病は歯を失う大きな原因です。歯は食べ物がはじめて出会う「消化器」であるだけに歯周病で歯を失うと、からだ全体に大きな影響が及ぶ可能性があります。そして今、歯周病が全身のさまざまな病気に関わっていることが分かってきました。

歯周病対策で健康力アップ

歯の病気とからだの病気

脳…認知症

噛むことが脳を活性化することがわかってきています。噛むことによる刺激で学習能力に深く関わる伝達物質が増えます。

肺…肺炎

“誤嚥性肺炎”とは、食べ物や唾液が誤って肺に流れ込むことで、口の中の細菌によっておこる肺炎をいいます。高齢者、寝たきりの人や、脳卒中の後遺症などで飲み込む力が衰えている人に多く発生しています。

心臓…狭心症・心筋梗塞

歯周病菌が動脈硬化をおこしている血管に付着すると、血管を狭める作用を促進すると考えられています。

すい臓…糖尿病

歯周病は糖尿病を悪化させます。インスリンの活性を干渉し、血糖値のコントロールが不十分となり糖尿病を悪化させます。

骨…骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、骨の密度が減ってスカスカになり、骨折しやすくなる病気。骨粗しょう症の人が歯周病になると、歯を支える骨が急速にやせてしまいます。

おなか…肥満・メタボリックシンドローム

噛むことが肥満を防ぐメカニズムもわかってきています。“一口30回噛む”ことは肥満予防法として、厚生労働省でも取り上げられています。

子宮…早産・低体重児出産

妊婦さんが歯周病になると、おなかの赤ちゃんが小さく生まれたり、早産になるリスクが高まることが知られています。