あなたの歯!上下で当たってませんか?

毎年やってくるこの梅雨の季節、皆さんはどのようにして快適に過ごされていますか?

長年歯科に携わっているとこの梅雨時に多い症状に、顎の不調和、歯の違和感、親知らずの腫れ・痛みでお困りの方が多いように思われます

ここ最近はコロナの影響もありステイホーム、テレワークの方も多いので一概に言えませんが、外出が減り自宅での不規則な生活リズムが引き起こす症状のような気がします

規則正しい生活、食生活、それに付随した口腔清掃でしっかりとした健康維持を目指しましょう

歯ぎしり、食いしばりに加え、最近言われているTCH(Tooth contact habitt)という病気があります。これは『強い食いしばり』ではないものの、絶えず上下の歯同士を接触(Contact)させてしまうことで、顎関節や周囲の筋肉に緊張を及ぼしたり、歯への血流量が増え一時的に歯が興奮した状態になり、しみたり歯が浮いた感じがしたりしてしまう癖(habitt)の事を言います

簡単な診断方法として、時報のタイミング、メール受診のタイミング等、不定期に訪れるタイミングの時に毎回上下の歯が触れていたら、おそらくその他の時間帯も触れていると思われ、TCHの可能性があります

日中ヒトの歯は数十分しか上下で接していないと言われています。水を飲みこむ時、力を入れる時、お食事をしている時でさえ何か物を介在させて上下の歯は接しています

あなたの歯はどうですか?

気になる方はご遠慮なくご相談にいらして下さい

 

ご予約お待ちしています 048-815-6480

埼大通りむらた歯科

院長 村田