埼大通り むらた歯科

Tel.048-815-6480むし歯ゼロ

予防

Medical

予防歯科

予防歯科とはむし歯や歯周病になってから治療するのではなく、なりにくくする為の考え方全般を指します。
例えばいざ災害となれば、消防の方や自衛隊はその規模を判断し迅速に対応できなければいけません。その為の日々の訓練や災害救助の技術的発展は必要不可欠だと思います。警察はある一定の基準の中で違反者を見つけ、犯罪者の検挙などに迅速に対応されるでしょう。
歯科に例えれば一定の診断基準の中で疾患部位への適切な診断治療、治療スキルや治療器具技術革新などがそれに当たるかと思います。

しかし同時に消防の方は新規の建物には燃えにくい建材を指定したり、ハザードマップを作製し災害の広がりやすい地域を把握したり、地域での防災訓練や家庭での防災の浸透にも力を注いでいると思います。一度大災害が起きればその地域での再発生の防止は勿論、他の地域でも未来に向け同じような災害が起こらない対策を講じるはずです。警察の方は犯罪多発地域の把握、自治体、学校、家庭と協力して地域の防犯に力を注いでいると思います。

これは歯科においては、患者さんの口腔内が今どれだけむし歯や歯周病になりやすいかを把握する事、その原因を推測しどの部分が疾患になりやすいのかを把握する事、むし歯や歯周病で苦しんだ方が次の世代へ繰り返さない取り組みをする事、家庭でのセルフケアを啓蒙する事に他なりません。
つまり病気に対するリスクを把握しておく事、これこそが当院の考える予防の考え方です。
ですから病気のあるなしに関わらず、来院された方全てに当てはまる考え方です。もっと言えばその考えがご家庭に広まる事で来院されてない方へも対象となるでしょう。

現在むし歯や歯周病にかかっている方は、そのリスク(なりやすさ)を把握した上での治療でないと治療後の再発は容易に起こるでしょうし、現在疾患がない方においても今後の疾患へのなりやすさ、なりにくさを知った上での定期検診であればご家庭でのセルフケアの重要度も変わってくると思います。
ただ漫然と治療を受けられて漫然と定期検診に通われるとは違った形をご賛同頂ければと思います。