埼大通り むらた歯科

Tel.048-815-6480むし歯ゼロ

インプラント

Medical

インプラント

インプラントとは

インプラント治療とは、フィクスチャー(チタン製の人工歯根)を歯槽骨内に埋め込み、その上に被せ物をして噛み合わせを回復する治療法です。
むし歯や歯周病の進行、外傷等の理由で歯が抜け落ちた部分や、先天的に歯を失っている場合に有効な治療法です。一歯欠損から多数歯欠損まで適応範囲は広く、歯冠形態を回復したり義歯の支持として活用したり用途は様々です。

インプラントのメリット

インプラントに使われるチタンは生体親和性に優れ金属アレルギーの少ない材質で、かつ咬合に耐えられる強度があります。チタンと骨は単にネジ止めされているだけではなく、インプラント表面に骨芽細胞(骨を作る細胞)が誘導される事で骨と強固に固定することができます。治療後の形態の違和感は少なく、天然の歯と変わらない強い咬合力を実現できます。

他の治療法との比較

<インプラント>

(メリット)
・隣在歯への負担が少ない
・特に永久歯の先天欠損や中間欠損症例で効果的である
・強い咬み合わせを回復できる
・材質を選択する事で天然歯に近い形態色調を再現できる

(デメリット)
・保険適応外治療である
・治療期間が長くなる事が多い
・骨造成の必要な場合はインプラント埋入手術以外に別途手術が必要になる事あり

<ブリッジ>

ブリッジとは、欠損部の両側にある歯の何本かを切削し、連続した被せ物で連結する治療法です。

(メリット)
・天然の歯に近い咬合力の回復が可能で入れ歯の様な違和感が少ない
・材質を選ぶ事で天然歯に近い形態色調を再現可能
・比較的短期間での治療が可能

(デメリット)
・健康な歯を削る必要がある
・削った歯がむし歯や歯周病になるリスクが高まる
・繋げる事で隣在歯への負担過重が起きる
・より審美的に治す場合は別途外科処置が必要な事がある

<パーシャルデンチャー(部分入れ歯)>

パーシャルデンチャーとは、歯を失った部分を人工歯で回復し残存歯のいくつかに【沈まない】【外れない】【動かない】為の装置をかけて固定する装置です。

(メリット)
・骨の吸収が著しいケースで外科処置が困難な方でも治療可能な方法
・取り外しが可能で衛生的に装置を保つことができる

(デメリット)
・固定の為に複数の歯に金属の装置が付くので審美的ではない
・装着時に厚みや大きさに違和感がある

<フルデンチャー(総義歯)>

総義歯とは、無歯顎状態か残根でしか歯が残せない場合の入れ歯です。

(メリット)
・乱れた上下の咬合を修正する事で理想的な噛み合わせを再構築する事が可能
・人工歯で歯列を理想的に並べなおす事が可能
・インプラントを併用する事でより沈みにくい、より外れにくい、より骨の吸収を抑えた治療結果を得ることも可能

(デメリット)
・材質がプラスチックなので長年使用すると破折、変色、材質の劣化が起きる
・装着の違和感、話しにくさがあることが多い(特に特に初めて装着される若い年代の方)

【インプラント治療の注意点】

インプラント治療は外科手術であるため、治療を受けるには全身の健康状態が良好である必要があります。また、治療期間は比較的長く、完全保険適用外の治療となります。
治療の条件は、治療予定の場所に骨がしっかりとあることです。骨が足りないとインプラントを埋め込むことができないためです。骨が足りない場合は骨移植術を受ける必要があります。
当院では院内の歯科用CTを活用し、術前により正確で安全な治療シミュレーションが可能です。また手術の際にサージカルガイドを作成し、より安全に処置が可能になります。
治療後に、毎日のケアが不十分であったり、定期的なメンテナンスを受けていないことで、インプラント周囲炎(インプラント周囲の骨が吸収していく疾患)になる恐れがあります。インプラント周囲炎は、自然に治ることはないため、歯科医院で適切な処置を受けることが必要です。炎症が進行している場合はインプラントを摘出する場合もあります。
インプラント治療によってこれらのような問題が起きないよう、処置前の正確な診断と適切な処置、定期的なメンテナンスが必要です。